早くもスキーシーズン到来−−。県内のトップを切って14日、丸沼高原スキー場(片品村)と鹿沢スノーエリア(嬬恋村)がオープンした。あいにく、朝から雨となったが、昼ごろには回復。待ちわびたスキーヤーやスノーボーダーらが初滑りを楽しんだ。

丸沼高原は人工雪で長さ400メートル、幅30メートルのコース1本を整備、首都圏などから約830人が訪れた。インストラクターのデモンストレーション滑走やもちつき大会、軽快なリズムに乗ってちんどん屋もお目見えするなど、シーズン開幕を盛り上げた。問い合わせなどは丸沼高原スキー場(0278・58・2211)、鹿沢スノーエリア(0279・98・0611)へ。
(毎日新聞)