今冬の営業が危ぶまれていた北秋田市の森吉山阿仁スキー場について、同市米内沢のNPO法人冒険の鍵クーン(村田君子理事長)は営業を決定した。期間は12月12日〜10年3月28日。

同NPOは市の要請を受け、将来のスキー場とゴンドラの営業体制が整うまでの暫定措置として、今年度から3カ年計画で夏季のゴンドラ運行に乗り出した。しかしスキー場として営業を行うことが10年度以降の必須条件となっているうえ、営業継続を望む地元住民の声を受けて森吉山通年観光対策協議会が支援を表明。今冬の営業が決まった。

村田理事長は「経営的には予断を許さないが、関係機関や地域と一体となった運営を目指したい」とコメントした。

料金やゴンドラ運行の詳細については後日発表することにしている。
(毎日新聞)