六甲山人工スキー場で始まった雪作り=7日午前10時19分、神戸市灘区(彦野公太朗撮影)(写真:産経新聞)「立冬」の7日、神戸市灘区の六甲山人工スキー場で、恒例の造雪作業が始まった。来月1日のオープンまでに約3600トンの雪を準備する。

ゲレンデ横の製氷機で氷の粒をつくり、パイプの中から空気圧で噴出。人工雪を常時ストックできるため外気温に左右されずに雪を供給できるという。

この日の気温は13・5度だったが、作業開始から間もなくゲレンデの一角は白く染まった。今シーズンは例年よりやや多めの人出を見込んでいるという。
(産経新聞)