オープンしボードやスキーを楽しむ人たちでにぎわうウイングヒルズ白鳥リゾート=岐阜県郡上市で2009年10月24日午前10時6分、竹内幹撮影岐阜県郡上市白鳥町のスキー場「ウイングヒルズ白鳥リゾート」が24日、今シーズンの営業を開始し、家族連れや若者たちが初滑りを楽しんだ。恒例の仮装大会もあり、人工雪の上をさまざまな衣装の人が滑り降りた。同スキー場によると、岐阜県内のスキー場が10月にオープンするのは初めて。

コースは幅最大30メートル、全長1000メートル。今年は同スキー場を直営するスポーツ用品販売会社「アルペン」が開発したポリエチレン製のマットを導入。長さ約2.5センチの硬い突起を1平方メートル当たり2万本つけたマットをコースの下部300メートルに敷き、厚さ40〜50センチ分の人工雪をまいた。
(毎日新聞)