人工雪作りが急ピッチで進む「スノークルーズオーンズ」=北海道小樽市春香町で、近藤卓資撮影石狩湾を望む小高い山のゲレンデに雪山が出現−−。北海道小樽市春香町のスキー場「スノークルーズオーンズ」で人工雪作りが本格化している。

同スキー場は11月11日オープン予定で、今月4日から作業を開始した。製氷機で作った氷を3、4センチに砕き、降雪機で斜面にまく。霧状の水を大気中で凍らせる一般の人工雪と違い、氷を使うため、日中の気温が15度前後あるこの時期から作業を開始できる。

雪山は7個作られる予定。開業前に圧雪車でならし、幅30メートル、長さ500メートルのゲレンデとなる。
(毎日新聞)