川崎署は11日、相模原市出身で住所不定、無職の容疑者(42)を窃盗の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、10日午後6時25分ごろ、川崎市川崎区砂子1丁目のマンションで、エレベーターホールに置いてあった住民の男性(47)のスノーボードなど計6点(約4万8千円相当)を盗んだとしている。

同署によると、被害に遭った男性が「季節外れのスノーボードを盗むとは、売るに違いない」と11日午後、JR川崎駅近くのスポーツ用品リサイクルショップに出向いたところ、自分のスノーボードを発見。川崎署に連絡したことから同容疑者が浮上した。同容疑者は容疑を認めているという。
(カナロコ)