勢ぞろいした「ゆるキャラ」=栃木県大田原市で柴田光二撮影栃木県内の自治体や企業などのイメージキャラクター「ゆるキャラ」を集めた「ゆるキャラサミット」が28日、大田原市北金丸の国際医療福祉大学であった。日本青年会議所栃木ブロック協議会が「地域の魅力を広く知ってもらおう」と、「2009とちぎフォーラム」のイベントとして企画した。

集合したのは18組24体。大田原市の「与一くん」はじめ、鬼怒川・川治温泉観光協会の「KINU(キヌ)ちゃん」「KAWA(カワ)ちゃん」、ハンターマウンテンスキー場の「ハンタマ」などで、リンク栃木ブレックスの「ブレッキー」は、チアリーダーと一緒に登場して盛り上げた。

生い立ちやキャラクターたちが出場するイベントの紹介もあり、最後には全キャラが勢ぞろい。駆けつけた子供たちは、駆け寄って握手をしたり、記念撮影をしたりして大喜びだった。
(毎日新聞)