長野・北志賀高原で3月に開催されたスノーボードの世界ジュニア選手権で、参加した外国人選手複数が宿泊先のホテルで食堂の酒を無断で飲んで騒ぎ、壁を壊すなどの不祥事を起こしていたことが分かった。17日の全日本スキー連盟(SAJ)理事会で報告された。

SAJによると、ホテル側は法的措置は取らなかったが、損害額は約450万円に上った。SAJは大会を主催した国際連盟(FIS)に報告し、FISから当該選手が所属する国・地域の連盟に弁済を求めることになった。なお、SAJは大会全体の運営費の一部として50万円を負担することを決めた。
(時事通信)