ドイツ最高峰の氷河に防水シート2009年6月3日、ドイツ、ガルミッシュ=パルテンキルヒェン。ツークシュピッツェ山で夏の間の融解を防ぐため氷河に防水シートをかける作業員。

ツークシュピッツェ山は高さ約3000メートル。ドイツの最高峰でスキー場としても有名だが、同山を含むアルプス山脈の山々ではここ数年氷河が大量に消失しており、地球温暖化の影響が懸念されている。

(Photograph by Miguel Villagran/Getty Images)
(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト)