一斉にスタートした3時間耐久レースの選手たち(高島市・箱館山スキー場)マウンテンバイク(MTB)の全国大会「JCF箱館山ジャパンシリーズJ1」が3日、滋賀県高島市今津町の箱館山スキー場で開幕、3日間の日程でダウンヒルやクロスカントリーなど3競技に小学生から60代までの800人が参加している。

高島市と企画会社などでつくる実行委の主催で6回目。初日は3時間耐久レースで競った。ゲレンデの起伏を利用した3・8キロのコースで55チームが時間内に何周走れるかを競った。

選手たちは、眼下に琵琶湖が広がるゲレンデの傾斜を利用した激しいアップダウンに挑み、少しでも速く走ろうと奮闘していた。子ども向けの教室もあった。4日はダウンヒル、最終日の5日はクラス別にクロスカントリーを行う。
(京都新聞)