スノーボードクロス日本代表が4日、北米遠征から帰国した。トリノ五輪で7位入賞した藤森由香(22=アルビレックス新潟)は前半戦は成績不振だったが、今遠征で不振脱出の兆しを見せた。2月19日のW杯ストーンハム大会(カナダ)で今季自己最高の12位をマーク。「収穫は大きかった。W杯残り2戦につなげていきたい」と前向きに話した。
(日刊スポーツ)