飯綱町は4日までに、スキー場などを経営する第三セクター「飯綱リゾート」(寺島英一社長)を特別清算し、民間会社に事業譲渡する方針を決めた。遠山秀吉町長が開会中の定例議会で明らかにした。

町が87%を出資する飯綱リゾートは、スキー場経営の他、温泉施設、ゴルフ場などの指定管理者。町まちづくり推進課によると、スキー客減少の影響で負債は約9億円に上るという。譲渡先の民間会社は、飯綱東高原の地元企業などから募ることを検討している。
(毎日新聞)