21日午後3時半ごろ、山ノ内町夜間瀬の「北志賀小丸山スキー場」第7リフト(長さ約440メートル、1人乗り)のワイヤが滑車から外れ、乗っていた男性客3人が約3〜5メートル下に転落した。東京都北区赤羽、会社員、御崎善浩さん(32)が胸の骨を折り重傷、神奈川県相模原市の男性会社員(31)と、大阪府吹田市の男性会社員(26)が軽傷。中野署は22日、滑車付近を中心に実況見分し、事故原因を調べている。

同署やスキー場によると、9基の支柱のうち、ゲレンデ下のリフト駅から二つ目の支柱の滑車からワイヤが外れた。ワイヤがたわんだため、2基目と3基目の間の1人乗りリフト3台が雪上に落ちたという。3人はスノーボードに来ていた。

スキー場では営業前の午前8時ごろ、リフトの試運転をしたが、異常はなかったという。事故当時は晴天で風はほとんどなかった。
(毎日新聞)