緑や赤のライトで照らされ、夕闇に浮かび上がった樹氷=山形市の蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅で2009年2月5日、手塚耕一郎撮影<br>
蔵王連峰の蔵王温泉スキー場(山形市)で、スノーモンスターとも呼ばれる樹氷のライトアップが今季で20回目を迎えた。

蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅(標高1661メートル)周辺では、アオモリトドマツに水分が凍り付いて成長した巨大な樹氷が、カクテル光線に浮かび上がっている。氷点下10度の極寒が醸し出す幻想的な光景が観光客を魅了している。

同ロープウェイによると、樹氷は2月中旬ごろが最も大きくなる時期だという。ライトアップは午後5〜9時。3月1日までの毎日と3月6、7日に実施する。
(毎日新聞)