雪山での遭難に備える山岳救助訓練が9日、米原市甲津原の奥伊吹スキー場付近であり、県警機動隊員や米原署員ら14人が、けが人の引き上げや搬送の訓練に取り組んだ。

標高700−800メートルあたりの雪山で遭難者が出たと想定。ロープの結び方やけが人のストレッチャーへの載せ方などを確認しながら救助した。

県警によると、本年度の県内の山岳遭難数は35件。うち、緊急連絡先や登山計画などを申請する「登山届け出」があったのはわずか4件だった。県警は「届け出はホームページや最寄りの交番などで簡単にできる。登山前に必ずしてほしい」と呼び掛けている。
(中日新聞)