ウィンタースポーツ関連の情報発信が可能な「ユキビト」のトップページ。消費者だけでなく事業者も絡め、ネットワークをつくるという。(新橋経済新聞)ウインタースポーツ専用のコミュニケーションプラットフォーム「ユキビト(Yukibito)」を運営するジャズー(港区東新橋2)は1月7日、ゲレンデでのリポートができるブロガーの募集を始めた。

「ユキビト」は同社が2007年11月にグランドオープンした、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツがテーマのコミュニケーションプラットフォーム。SNS機能による消費者同士の情報交換に加え、事業者側からも情報提供できるのが特徴。消費者・事業者とも無料で利用でき、事業者には有料オプションも用意。非会員でも閲覧できるページや情報量が多く、従来のSNSに比べオープンな構造となっている。

今回募集しているのはブログでゲレンデ情報を提供できる「yukibitoゲレンデリポーター」。リポーターに選ばれたブロガーには1日リフト券を進呈し、実際にスキー場へ行き、ゲレンデの様子などを写真付き記事にすることを条件にする。スキー場は提携する約65の施設から希望する場所を選ぶことが可能。

外部ブログを使用している場合は、「ユキビト」への登録が条件となる。特に優れた記事を投稿したリポーターには「ベストリポーター賞」として旅行券1万円分を別途進呈。投稿された各ブログ記事は、地域やブロガーの属性ごとに整理された専用のポータルサイトで閲覧できるようになる予定。

スキーインストラクターでもあり、スキークラブも運営する同社の宮園耕二社長は「消費者が発信する信用性の高い情報や生の声がスキー場の質を変えていく。消費者と事業者をつなげることで不景気といわれるウインター産業を活性化する糸口になれば」と話す。

募集は500人。募集締め切りは1月20日(当選者には直接通知)。
(新橋経済新聞)