クリスマスイブの24日、草津町の草津国際スキー場でイベントが行われ、サンタクロースとトナカイに扮(ふん)した地元中学生らが、子供たちにプレゼントを配った。

イブの恒例イベントで、今年は約500人が集まった。子供たちはゲレンデをスキーで滑り降りて来たサンタとトナカイ姿の町立草津中の生徒ら11人から「メリークリスマス」とプレゼントを受け取ると、大きな歓声を上げていた。

草津では積雪が少なく、この日オープンした同スキー場のコースは100%人工雪という。
(毎日新聞)