カナダ・ブリティッシュコロンビア州のウィスラー・スキー場で16日に発生した、ゴンドラの支柱が折れた事故で、同スキー場は18日、原因は支柱に入り込んだ水が「氷」になって支柱が破断したためと発表した。

ウィスラー・スキー場はバンクーバーの北約177キロにあり、2010年のバンクーバー冬季五輪およびパラリンピックのアルペンスキー競技会場となっている。

事故は16日午後に発生。ゴンドラの支柱の1本が途中から折れて上半分が落下し、客車が宙吊り状態になって、スキー客53人が閉じこめられた。消防隊員が救助活動にあたり、重傷者はいなかった。
(CNN.co.jp)