徳島県境に近い観音寺市大野原町内野々の雲辺寺(うんぺんじ)山(標高927メートル)山頂の人工雪スキー場「スノーパーク雲辺寺」で15日、スキー場開きがあり、約100人がスキーやスノーボードの初滑りを楽しんだ。

県内唯一のスキー場。先月3日から造雪機で日量250トンの雪をつくり続け、全長260メートル、幅20〜25メートルのゲレンデに仕上げた。この日朝の山頂の気温は1度。ふもとと山頂を結ぶロープウエーからはカラフルなウエア姿のスキーヤーらが次々に降り立ち、雪原に歓声を上げた。三豊市仁尾町大北の会社員、大平幸二さん(27)は「ここは景色も雪質も最高」と話した。

来年3月15日まで営業。午前9時〜午後5時(ナイター営業の水、金、土曜日は午後10時)。年末年始は営業時間が変わる。問い合わせは同スキー場(0875・54・3805)。
(毎日新聞)