新潟県上越市で北陸新幹線の平成26年開業に向けて市名変更の運動が起きている。市内唯一の新幹線駅を管轄するJR東日本が「上越線」「上越新幹線」との混同を避け、駅名に“上越”を採用しないという憶測が広がっているため。歴史や風土に沿ったふさわしい市名を模索している「市名を考える市民の会」(長井泰雄代表)は11月に「上越市でいいんですか? 市民が誇れる市名を!」を発刊、市名変更の必要性を説いている。

「頸城野(くびきの)市は十分、検討に値する案です」

市民の会が先月29日に上越教育プラザで開いた小冊子の出版記念講演会「市名・地名を考える」で、上越市に代わる新しい市名候補が飛び出した。

声の主は地名の専門家で、講師の楠原佑介さんである。「地名情報資料室・地名110番」を主宰し、正しい地名を復興させる運動を進める楠原さんは「国、郡、郷のレベルで、頸城は国内で1つしかなかった。ほかとの識別性が高い」と、歴史的な由緒正しさを前面に、その優位性を訴えた。

一方、市内唯一の新幹線駅に“上越”を使えるよう木浦正幸市長がJR東日本に「上越線」「上越新幹線」の変更を求める意向を示しているが、楠原さんは「変更にかかる費用を市が負担するといっても検討してくれるかどうか。たぶん、変えないでしょう」と切り捨てた。

平成の大合併のあり方を考える市民団体「住民自治と合併問題を考える会」では17年と19年の2度、新市名を問う住民アンケートを実施している。

19年の住民アンケート(回答者70人、複数回答)によると、“くびき野市”はじめ13町村の郡名である「頸城」関連が36件と圧倒的に多く、かつての上杉氏の居城名だった「春日山」関連が12件、旧市の「高田」関連が10件、「謙信市」が5件などの順。上越は「越後上越市」と「えちご上越市」が計3件と不人気だった。

小冊子では、JRの「上越線」「上越新幹線」は上野国(こうずけのくに)の群馬と越後の国の新潟両県を結ぶ妥当な命名と解説。沿線に「上越国際」「上越・石打丸山」の有名スキー場があり、新幹線駅に“上越”を冠すれば県内外のスキー客の混乱を招くとも指摘する。

これを裏付けるアンケート結果もある。19年2月に市が首都圏(1都3県)の1000人から回答を得た結果、地図で正しく上越市を指せたのは24・6%と4人に1人だった。考える会の2度のアンケートでも市名変更支持が17年の24%から19年の38%に大幅にアップした。

「県外では今でも“私は高田”“私は直江津”といわないと分かってもらえない」

考える会会長で市民の会事務局長の佐藤忠治さんは市名問題がくすぶってきたことをこう話した。「市名も駅名も地域の看板。変更するならこれが最後のチャンス」と力説するのは長井会長。市民の会は2000部作製した小冊子を軸に運動を盛り上げる考えだ。

駅名については、「地元の意見を聞いて検討していく」(JR東日本)「幅広く意見を聞いている段階」(市新幹線交通政策室)が公式見解だが、すでに「越後高田」や「妙高」を推す動きもある。

柏崎市に被害が集中した昨年7月の中越沖地震は4年前の中越地震とわずか1字違いの名称で義援金が中越地震に流れる事態を招いた。開業までに十分な議論を期待したい。


市民の会事務局は(電)0255・34・3759。小冊子の希望者は80円切手を同封して〒949−3759、上越市大潟区四ツ屋浜501へ。
(産経新聞)