鳴沢村のスキー場「ふじてんスノーリゾート」(標高1300〜1500メートル)が5日、オープンした。運営する富士観光開発によると、屋外ゲレンデでは県内で最も早い。

滑走可能となったのは、中級者用の「ダイナミックコース」(延長約1300メートル)1本。先月からゲレンデ造りを行っていた。

5日午前9時半の気温は約6度。あいにくの雨模様で雪は一部シャーベット状態に。それでも県内や静岡県などから訪れたスキーヤーがリフト運行開始前から待ち構え、今冬最初の雪の感触を楽しんでいた。

今週末には寒波到来が予想されており、同社は首都圏からも多くのスキーヤーが訪れると期待する。
(毎日新聞)