佐賀市富士町のスキー場「天山リゾート」が14日、今シーズンの営業を始め、地元や隣接する福岡市、長崎県などから来たスノーボーダーらが初滑りを楽しんだ。この日は会員向けのプレオープンで、一般向けは15日から。

約1カ月前から人工造雪機を使って準備し、13日夕方から夜にかけてゲレンデに雪を敷き詰めた。

今年は準備期間中に雨が降らなかったことに加え、ここ数日は朝晩冷え込み、ゲレンデの状態は良好という。

現在のところ、全長1キロのコースのうち下の方の600メートルで営業。雪が降る12月中〜下旬には、全面滑走ができるようになるという。
(毎日新聞)