天山スキー場(佐賀市富士町)が14日、会員限定でオープンし、色とりどりのウエアに身を包んだスノーボーダーやスキーヤーが初滑りを楽しんだ。九州では今季一番早い開業で、15日からは一般客も入場できる。

同スキー場は標高約800‐720メートル。10月下旬に人工造雪機6台でゲレンデ作りを始め、長さ600メートルのメーンゲレンデに40センチほど雪を敷き詰めて営業する。

一番乗りした同市本庄町の会社員江口諒さん(19)は「雪の感触は最高っす。近いのでいっぱい来たい」と笑顔で話した。営業時間は午前10時‐午後10時。同スキー場=0952(58)2336。
(西日本新聞)