日本一早くオープンしたスキー場。水着で初滑りを楽しむ人も(写真:産経新聞)静岡県裾野市のスキー場「Yeti(イエティ)」が18日午前、今シーズンの営業を始めた。同スキー場によると、野外スキー場では10年連続で日本一早いオープンだという。

この日は秋晴れのスキー日和。冠雪した雄大な富士山を背に、オープンを待ちわびた約800人が、午前10時から滑走した。初日は仮装した人は無料のため、ウルトラセブンやアンパンマン姿のスキーヤーが華麗な滑りを披露。水着姿で滑った岐阜市の公務員、小森寛文さん(34)は「寒いけど気持ちいいです」と話した。

同スキー場はオープンに備えて10日前から人工降雪機を24時間フル稼働させ、幅約15メートル、長さ1キロ、積雪80センチのゲレンデを準備した。
(毎日新聞)