【滋賀県】米原市甲津原の奥伊吹スキー場(標高700メートル)で、冬のスキーシーズンに向け、従業員らがゲレンデを覆うススキの刈り取りに追われている。

9月初旬から始まり、毎日5人ほどで手作業や機械を使って進めている。50ヘクタールのうち4割ほどが終わり、今月末には完了する。その後はリフトの取り付けや人口降雪機によるゲレンデ作りに移る。

スキー場は12月5日オープンの予定。
(中日新聞)