Rider: Mason Aguirre9月2日〜6日、真冬の南半球オーストラリアのペリシャブルーで開催された2008 Burtonオーストラリアンオープンで、メイソン・アギーレとハンナ・テーターが男女ハーフパイプで見事優勝を飾ってくれました。

4日に開催されたハーフパイプファイナル。まず行われた男子では、メイソンが1本目から強さを見せ、92.83のハイエストスコアでいきなりトップに。それを2本目に、メイソンと同じFRENDSクルーのルーク・ミトラーニがFS900→BSジャパン→FS720インディから、ラストにスイッチダブルバックフリップというオーストラリアのハーフパイプシーンでは未だ見られたことがないであろうトリックでフィニッシュし、メイソンを逆転します。

メイソンはこれに勝つため、Cab1080ミュート→FS900メロン→BSロデオ540インディ→BSアーリーロデオ720インディというルーティーンに挑み、見事これをメイク。ルークを僅差で再逆転し優勝 を決め、賞金7,500オーストラリアドルを手にしました。メイソンは、「タフだったね。ルークにやる気にさせられたよ。でも仲間達と競い合えて最高に楽しかった。パイプもよかったし、オーストラリアで勝てて嬉しいよ!」と 優勝の喜びを表していました。

Rider: Hannah Teter続いて行われた女子では、オリンピック金メダリストのハンナ・テーターがバックtoバックの540から360インディ、Cab720、トゥフェイキーにつなぐランで序盤からトップのポジションを保ち 続け、こちらも優勝賞金7,500ドルを獲得。ハンナは「パイプがすごく楽しかった。雪がちょっと重かったことを考えても、みんなのライディングはすごい良かったと思う。男子のファイナルとか他の女の子の滑りをみて、刺激をもらうことができた の。」と語っていました。

翌日行われたスロープスタイルでも、ダニー・デービスがバックtoバックの900を含むルーティーンをメイクし2位入賞。Burtonライダー達が南半球のコンペティションを熱く盛り上げてくれました。

6ヶ国を巡るシリーズ戦Burtonグローバルオープンシリーズ、次戦は12月1日のカナディアンオープンです。

お楽しみに!

<ハーフパイプ男子>
1位:メイソン・アギーレ
2位:ルーク・ミトラーニ
3位:マーカス・マリン

<ハーフパイプ女子>
1位:ハンナ・テーター
2位:パウリーナ・リゴツカ
3位:ジェイミー・アンダーソン

<スロープスタイル男子>
1位:トースタイン・ホグモ
2位:ダニー・デービス
3位:エリック・ウィレット

<スロープスタイル女子>
1位:ジェイミー・アンダーソン
2位:ローウィン・リード
3位:カーラ・レニー

Burton