みなかみエアフィールド、ウオータージャンプ施設◇「新エア」にチャレンジ
みなかみ町寺間のノルン水上スキー場の北側一画にあるウオータージャンプ施設「みなかみエアフィールド」が若者らの人気を集めている。スキーやスノーボードで宙を舞う「エア」の練習にもってこいで、同施設はスクールも用意して来場を呼び掛けている。

施設は散水して滑りやすくした人工芝のアプローチ(斜度20度、長さ30メートル)を滑走し、ジャンプ台からプール(水深3メートル)に飛び込む。ジャンプ台は、初心者用と上級者用の2種類。若者らはジャンプ台から豪快に飛び出しては、思い切り体を回転させる感触を楽しんでいる。

利用者は県内をはじめ東京や神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、新潟、山梨など、関東甲信越地区全域に広がっているという。一昨年にプレオープンし、3シーズン目の今年は約3000人の利用を見込んでいる。

関越自動車道水上インターチェンジから車で5分。料金など問い合わせはクロスプロジェクトグループみなかみオフィス(0278・62・1118)へ。

今シーズンは10月26日まで営業。通常営業日は午前9時20分〜午後2時受け付け。特別営業日(7〜9月の土、日、祝日)は午前8時〜午後3時受け付け。器具はレンタルもできる。
(毎日新聞)