27日午後6時ごろ、長野・富山県境の五竜岳(2814メートル)に山岳スキーに出かけていた群馬県高崎市九蔵町(くぞうまち)、山岳ガイドで東大スキー山岳部監督、新井裕己さん(32)の知人から「新井さんが下山しない」と長野県白馬村遭難対策協議会に連絡があった。届け出を受けた県警大町署は28日朝から捜索を開始する予定。

調べでは、新井さんは23日に1人で白馬村神城の「HAKUBA47スキー場」から入山。五竜岳に行き、24日に下山予定だった。新井さんは日本を代表する山岳スキーヤー。
(毎日新聞)