カナダ西部ブリティッシュコロンビア州ウィスラーのスキー場で行方不明になっていた日本人留学生のイトウ・アイさん(25)が6日、遺体で発見、収容された。在バンクーバー日本総領事館が7日、明らかにした。

同総領事館などによると、イトウさんはスノーボードを楽しむため先月20日、スキー場を訪れ、以降連絡が途絶えていた。遺体は小川の近くで見つかった。ゲレンデから滑落して動けなくなり、凍死に至ったとみられる。現地入りしていたイトウさんの両親らが身元を確認したという。
(時事通信)