30日午前9時半ごろ、嬬恋村干俣の「万座温泉スキー場」の初級者コースで、スキーで滑走中の茨城県東海村亀下、会社員、根本正行さん(52)と横浜市の女子高校生(16)の板が接触し、根本さんが前方に投げ出され頭などを強打し重体。長野原署が詳しい事故原因を調べている。

調べでは、生徒にけがはなかった。根本さんはスキー歴30年、生徒は同10年のベテラン。コースを巡回中のパトロール隊員が事故に気付き、同スキー場が119番通報した。
(毎日新聞)