Burtonグローバルオープンシリーズ

USオープンが最終戦となった、Burtonグローバルオープンシリーズ(BGOS)。

6カ国を舞台に繰り広げられたチャンピオン争いは、最終戦までもつれ込む大接戦の末、ストラットンの地でついに決着の時を迎えました。

女子はシリーズ終盤のニッポンオープン、USオープンのハーフパイプを連勝したトーラ・ブライト。男子はビッグタイトルの優勝こそないものの、パイプ、スロープ双方で着実に上位に入賞し、ポイントを稼いだ20歳の新鋭、ピートゥ・ピロイネンでした。

チャンピオン獲得の期待が掛かった國母カズはハーフパイプで8位に終わり、惜しくもチャンピオン獲得はなりませんでしたが、ポイントランキングで堂々の2位に入っています。

チャンピオンの二人には、賞金10万ドル(約1,000万円)が贈られています!



<男子ランキング>
1位:ピートゥ・ピロイネン 37988
2位:國母和宏 36815
3位:メイソン・アギーレ 36010

<女子ランキング>
1位:トーラ・ブライト 40482
2位:ジェニー・ジョーンズ 40076
3位:ケリー・クラーク 39700