由利本荘市営鳥海高原矢島スキー場で03年、小学2年の女児(当時8歳)がスキー中にロープに衝突し死亡した事故で、女児の両親がスキー場を運営する同市を相手取り、約3852万円の損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが28日、秋田地裁であった。金子直史裁判長は「夜間はロープの視認性は十分ではなかった」と訴えの一部を認め、市に約1922万円の支払いを命じた。

判決によると、女児は03年1月21日夜、スキーの練習中に、場内のコースを区分するロープが首に巻き付き倒れた状態で死亡した。市は、視認性の低いロープを設置し、危険防止措置を怠った。損害額は「スキーは相当程度の危険を伴い、女児にも注意義務があった」と過失相殺を認めた。

市総務課は「判決を詳細に見ていないので結論は出せないが、事故から年月がたっており両親の心情に配慮したい」とコメントした。

この事故を巡っては本荘簡裁が05年9月に、スキー場長と現場責任者に業務上過失致死罪で罰金30万円の略式命令を言い渡している。
(毎日新聞)