雪の重みで潰れた室内ゲレンデの屋根=佐賀市富士町の天山スキー場で2008年3月5日午後4時7分本社ヘリから、矢頭智剛撮影4日午後3時ごろ、佐賀市富士町市川の天山スキー場で、ゲレンデの一部を覆っていた屋根が、積雪の重さでつぶれる事故があった。当時、客数十人がいたが、けが人はなかった。同市によると、同スキー場はゲレンデに屋根を作る際、建築基準法で定める建築確認申請書を出していなかったといい、市は同法に抵触する恐れがあるとみて6日、現地調査する。

同スキー場によると、つぶれた屋根は01年に作った。長さ約100メートル、幅同35メートル。鉄の骨組みにビニール製シートをかけた構造。積雪は中央部分から両側に滑り落ちるようになっていた。耐雪量は20センチを想定していた。

同スキー場では3日、黄砂交じりの約15センチの積雪があり、滑り落ちず屋根に残っていたという。4日には雪がさらに約50センチ積もった。この結果、屋根が重さに耐えきれなくなったらしい。

屋根付きゲレンデ内では当時、3人の客がいたが、全員逃げ出して無事だった。

同スキー場は「3人の方や屋根付きゲレンデを使うお客さんには申し訳ない」と話している。
(毎日新聞)