4日午前11時5分ごろ新潟県湯沢町三国の苗場スキー場で、停電のため4人乗りリフトと8人乗りゴンドラが停止した。予備エンジンに切り替えて運行を再開したが、ゴンドラの客が最大約50分、宙づり状態になった。

スキー場を運営する苗場プリンスホテルによるとリフトには計85人、ゴンドラには計100人が乗っていた。リフトは停止3分後、ゴンドラも16分後に順次起動し、リフトは11時22分、ゴンドラは同57分に全員が降りた。けが人はなかった。ゲレンデ外の斜面に小さな雪崩の跡があり、地下の送電線の配管がずれたのが原因らしい。
(毎日新聞)