捕鯨反対のメッセージと受け取れる落書きが書かれたゴンドラ北海道旭川市内のスキー場で、ゴンドラ内から、鯨とみられる絵が描かれ「TABENAIDE」(食べないで)のローマ字が添えられるなどの落書きが多数見つかったことが分かった。内容などから、日本の調査捕鯨に反対する外国人が書いた可能性がある。最近オーストラリアなど海外から観光客が増えているだけに、関係者から戸惑いの声が上がっている。

■スキー場で103台中に62台にも

落書きが見つかったのは、旭川市内の民間スキー場「カムイスキーリンクス」。スキー場支配人がJ-CASTニュースに語ったところによると、ある落書きは、ゴンドラの黄色い壁などの部分に、黒や緑色のマジックで10センチぐらいの大きさに書かれていた。波の上に浮いた鯨とみられる漫画風の絵が描かれ、鯨が「TABENAIDE」と訴えている構図になっている。落書きは、103台ある4人乗りのゴンドラのうち、実に半数以上の62台にも書かれていた。第一報は、北海道新聞が2008年2月22日付の記事で報じた。

これだけ大量の落書きを、誰がどのように書いたのか。

支配人によると、08年1月末を中心に落書きが見つかった。みな同じではないが、似たような落書きだという。60以上もの落書きを1人で書くとすればかなりの労力がかかるとみられ、同一人物の仕業かどうかについて、支配人も「どうですかね」と首をひねった。日本人の可能性もゼロではないが、内容などから海外からのスキーヤーらが書いた可能性があるという。

北海道では最近、海外からの観光客が急増している。06年度の外国人来訪者は、10年前の5倍の約60万人。特に、世界最高レベルの雪質で知られるニセコのスキー場などはオーストラリアで大人気となり、欧米からの訪問者合計とほぼ同じ2万人以上が北海道を訪れた。

そして、旭川のスキー場にも、毎月40〜50人、シーズン2〜3%の外国人がコンスタントに訪れるようになったという。ここ数か月、日豪間などで捕鯨の是非が論議になっているが、支配人は、「トラブルはなく、仲良くやっています」。取材に対しては、「おおげさに考えてはいません。騒いでほしくないですね」と戸惑いをみせた。


落書きは、器物損壊罪に当たる可能性があるが、警察に告訴はしないという。ゴンドラ内にシンナーの匂いが残るため、3月下旬の営業終了後に消すとしている。

■オーストラリア人客のトラブルはなし

捕鯨問題を巡る落書きなどのトラブルは、ほかでも起きているのか。

北海道観光のくにづくり推進局の担当者は、「捕鯨問題でのトラブルは、初めて聞きました」と驚く。落書きによる影響については、「できるだけ多くの外国人に来てほしいというだけで、コメントできないですね」と答えに窮していた。

オーストラリアに北海道を紹介したニセコアドベンチャーセンター社長のロス・フィンドレーさんは、J-CASTニュースの取材に、「捕鯨問題でのトラブルなどは聞いたことがありませんね。でも、新聞を読みましたが、どうして落書きしたのが外国人と決まっているのかな」と感想を話した。

トラブルはないにしても、今後の国際交流で不安は出ていないのか。

特に、ニセコは、捕鯨問題の急先鋒になっているオーストラリアから、多くの観光客が訪れる。同地区最大のスキー場「グラン・ヒラフ」は、運営する東急リゾートサービスによると、スキーヤーの2〜3割は外国人で、オーストラリア人がその9割も占めるという。

捕鯨問題について、同社では、「日本人は英語が上手に話せない人が多く、オーストラリア人の大半は日本語が話せないので、そんな話はしないのでは」と話す。落書きについては、「たぶん単なるいたずら書きだと思います。日本けしからんと本当に捕鯨反対の人は、日本へ来られないと思いますので」とみる。

ただ、不安を漏らす関係者もいる。ニセコのある宿泊施設の日本人経営者は、「オーストラリア人の宿泊客から、捕鯨の話は出ないですね。私自身もグリーンピースが勝手過ぎて反感を持ちますが、観光振興の立場からは複雑な気持ちです」と漏らした。

一方、オーストラリア人客が5割以上を占めるというニセコの宿泊施設のオーストラリア人経営者は、日本の捕鯨が論議になると打ち明ける。

「母国では捕鯨のニュースがたくさん出ているので、『日本人はまだ鯨を食べているのか』と興味を持つようですね。『鯨は数が少ないのになぜ捕っているのか』とかも。日本人スタッフもいるので、いろいろなことを言います」

他方で、話し合いを通じて、日本の事情も理解するという。

「日本の政府や猟師は仕事だからやっているのであって、普通の日本人は、鯨を大事にしないといけないと思っていると分かるようです」

もっとも、それでもまだ、わだかまりが残る様子だという。
(J-CASTニュース)