スノーボードのワールドカップ(W杯)は1日、スイスのレイシンで男女スノーボードクロスが行われ、女子で藤森由香(JWSC)は予選を通過して16人による決勝トーナメントに進んだが、1回戦で敗れて12位だった。土井奈津子(クルーズ)と男子の高橋翔(中仙町ク)、石田達哉(コナサーフ)は予選落ち。

男子はマリオ・フクス(オーストリア)、女子はヘレネ・オラフセン(ノルウェー)が優勝した。
(時事通信)