スノーボードのワールドカップ(W杯)は13日、オーストリアのバートガシュタインで男女スノーボードクロスを行い、日本勢は女子の藤森由香(JWSC)が16人による決勝トーナメント1回戦で敗れて16位に入ったのが最高だった。男子はマリオ・フクス(オーストリア)、女子はリンゼイ・ジャコベリス(米国)が制した。
(時事通信)