2日午前11時20分ごろ、群馬県嬬恋村干俣バラギ高原の「パルコール嬬恋スキーリゾート」ゴンドラ山頂駅で、埼玉県桶川市下日出谷、アルバイト従業員、伊藤正志さん(63)が客の忘れ物の手袋を取ろうと、下降を始めたゴンドラを追いかけて自動ドアに腕を挟まれ宙づりになった。

約10メートル動いたところで駅にいた他の従業員が気付き非常ボタンを押して停めたが、間もなく伊藤さんは約15メートル下に落下。全身を強く打ち病院に運ばれた。当初は意識があったが、3日になって容体が急変。同日午前2時ごろ、失血性ショックで死亡した。県警長野原署は業務上過失致死の疑いもあるとみて調べている。

伊藤さんは山頂駅で客の降車を助ける仕事をしていた。
(毎日新聞)