今回この企画を実行に移したのは、例年にない異常気象が原因でした。

スノーボーダーの井原寛公(写真中央)も、リフト下を中心に清掃開始。 今回クリーン活動に参加してくれたみんな。今回クリーン活動に参加してくれたみんな。今シーズンは雪がたくさん降りますように。

世界各国で地球環境問題について協議されるようになり、日本でも意識する人が増えているとは思うのですが、それでもほんのわずかではないでしょうか?そうした中、雪と接し自然を相手にしている僕らがもっと真剣に取り組むべきではないかと考えます。
小さな行動の広まりが、大きな変化を与えるのではないでしょうか。

今回のクリーン作戦は、5/13にニセコグランヒラフで開催されました。

雨にも関わらずニセコに残っているローカルやペンションスの方、オーストラリアから来ているスタッフも参加してくれました。
その時、地球環境問題に取り組んでいるTANA氏とも出会える良い機会となりました。
やはり一番多いのはタバコです。

他にもペットボトルからスキーブーツまで沢山の物が残されてました。
喫煙者のマナーなど、まだまだ浸透してない実情があります。
これからやるべき課題は沢山ありますが、個人個人の小さな意識改革が大きな流れを作るものと信じてます。
二酸化炭素の排出、過剰なる電気消費…、まずは自分の一番近くの環境問題から取り組みましょう。

僕らは地球に育てられました。今度は迷惑をかけてきた地球を助ける番です。
みんなが協力すれば温暖化によって亡くなる命も防げるはずです。
これを期に“eco”に取り組みましょう。まずは第一歩を。

今後の活動予定は未定。詳しい情報はwww.sno-man.comにてチェック。

株式会社カリーナ
tel.06-6928-0731
www.sno-man.com