山形県と宮城県は、山岳道路の旧蔵王エコーラインの冬季閉鎖時期を、例年の11月4日夕から同11日に延期することを決めた。冬の蔵王を見たいという要望が観光客や観光協会からあり、試験的に実施することにした。

対象区間は山形県上山市の坊平スキー場から宮城県蔵王町の澄川スキー場入り口までの約16キロ。蔵王山頂に通じる有料道路、蔵王ハイラインも同様に11月11日夕まで通行可能になる。夜間は通行不可で、悪天候時も閉鎖される。山頂の蔵王レストハウスは営業しないが、仮設トイレを設置する。
(産経新聞)