スノーボードのワールドカップ(W杯)は21日、オーストリアのセルデンで女子パラレル大回転を行い、竹内智香(ロイズ)が6位に食い込んだ。竹内は予選を通過した後、1回戦を突破したが準々決勝で敗れ、5−8位決定戦に回り6位に入った。 
(時事通信)