サンアルピナ白馬さのさかスキー場ウオータージャンプ台【長野県】白馬村のサンアルピナ白馬さのさかスキー場で、改修工事を進めていたフリースタイルスキー夏季練習施設のウオータージャンプ台が完成し、営業を開始した。国内最大規模の施設で、トップ選手のトレーニングや次世代を担う選手育成の拠点を目指す。

ジャンプ台は、エアリアル、モーグル競技の国内初の本格的な練習施設として1994年に誕生。五輪選手らがトレーニングを行ってきたが、2005年の豪雪で一部が破損し、改修を進めてきた。最新の規格や技術レベルの向上に対応した施設へと見直しを図り、「より雪上に近いかたちで練習できる」(同スキー場)環境に整えた。

2日には、オープンを祝う式典と、全日本チームや県スキー連盟強化指定選手による公開練習が行われた。生まれ変わったジャンプ台について、女子モーグルの伊藤みき選手(20)は「難しいけれど技術の向上につながるのでうれしい。練習には最適」と話していた。

最近では、選手だけでなくレジャーで挑戦する人も増えているという。今シーズンは10月21日まで営業する。
(中日新聞)