日産「エクストレイル」日産自動車は22日、SUV(スポーツ多目的車)の「エクストレイル」を全面改良して発売した。四輪駆動システムの電子制御技術を向上させ、雪道や坂道などの悪路での運転サポート機能を導入、走行性能を高めて、スノーボードなどのアウトドアスポーツを楽しむ若年層の取り込みを図った。

排気量は2・0〜2・5リットル。価格は199万5000〜253万500円。販売目標は月間2000台。

エクストレイルは日本や欧州など167カ国で累計80万台を売り上げているが、全面改良は平成12年秋の発売以来初めて。来年秋には次世代ディーゼルエンジン搭載車も国内投入の予定だ。

日産はエクストレイルよりやや小さめのSUV「デュアリス」を5月に発売しており、志賀俊之最高執行責任者(COO)は、この日の発表会で「2つのSUVで消費者の幅広いニーズに応えていきたい」と語った。