富士見高原ゆりの里富士見町境の「富士見高原ゆりの里」(五味高幸所長)で、オレンジや黄色など約60種100万株のユリが、高原を渡るさわやかな風に揺れる。冬はスキー場として営業しているが、オフシーズンの誘客対策としてユリを植え、04年から公開を始めた。

約400メートルの展望リフトに乗ると、足元に広がるのはユリのじゅうたん。千葉県市川市から家族旅行で来た高校1年の河原万莉奈さん(15)は「華やかできれい。吹く風も心地よかった」と満喫した様子。

今月末まで無休。入園料(リフト券は別料金)は大人1000円、小学生以下は300円。問い合わせは富士見高原ゆりの里電話0266・66・2932。
(毎日新聞)