18日午後0時30分ごろ、富山県の北アルプス・立山の雷鳥沢付近で、「雪崩が発生し、登山客かスキーヤー数人が巻き込まれた」と、現場近くにいた男性から携帯電話で110番通報があった。

同県警上市署によると、近くにいた人が3人を雪から掘り出したが、うち1人は意識がない模様。県消防防災ヘリが救助に向かっている。

県警によると、雪崩は午後0時20分ごろ、幅100〜150メートルの規模で発生。山小屋「雷鳥沢ヒュッテ」によると、17日までの2、3日は降雪があったが、18日は朝から時折薄日が差し、気温は氷点下1度。例年より3〜4度高いという。
(読売新聞)