全日本スキー連盟(SAJ)は16日の理事会で、世界選手権メダリストの報奨金として、スノーボード・ハーフパイプで銀メダルの国母和宏(北海道東海大)と山岡聡子(アネックス)に各50万円、ジャンプ団体で銅メダルの葛西紀明、伊東大貴(ともに土屋ホーム)岡部孝信(雪印)栃本翔平(北海道尚志学園高)に各30万円を出すことを承認した。
(日刊スポーツ)