春から夏にかけてスキーができる山形県西川町の月山スキー場が10日オープンし、県内外から訪れた約250人のスキーやスノーボード愛好家らが初滑りを楽しんだ。

暖冬の影響が心配されたが、積雪は約8メートルあり、雪質も良好という。スキーヤーらは強い風と時折降る雪のなか、滑走を楽しんだ。

初めて訪れたという仙台市青葉区の飲食店従業員今野陽子さん(35)は「ここなら雪も多いだろうと思って来ました。初滑りは気持ちいいです」と話した。

月山スキー場の夏スキーは7月末ごろまで。今季は15万人の来場を見込んでいる。
(河北新報)