後志管内積丹町の積丹岳(標高1255メートル)で18日、スノーモービル愛好家ら4人が雪崩に巻き込まれ死亡した事故で、雪崩はすり鉢状になった斜度35度の急斜面を遊戯中の1人が乗り越えようとしたことによって発生した可能性があることが分かった。現場は固まった氷の上に40〜60センチの新雪が積もっており、表層雪崩が起きたと見られる。余市署はグループ内の役割分担など、責任の所在を明確にしたうえで、業務上過失致死容疑での立件も視野に捜査する。

亡くなったのは、小樽市富岡の運送業、渡辺正博さん(44)▽北見市北上の自営業、大矢根博さん(59)▽札幌市豊平区月寒東の会社員、内多吏(おさむ)さん(34)▽同市西区西町北、店員、山際友貴哉(ゆきや)さん(20)。検視の結果、大矢根さん、内多さん、山際さんは窒息死と分かった。渡辺さんの遺体は20日に解剖して死因を特定する。

調べでは、一行22人は積丹岳でスノーボードのプロモーションビデオを撮影することを計画。18日午前7時半ごろ、小樽市塩谷のコンビニエンスストアに集合し、同8時半ごろ、積丹町婦美地区の国道229号から入れる登山口に到着した。

入山当初から吹雪で視界は50メートルと悪かったが、カメラマン2人とスノーボーダー3人の計5人が徒歩で頂上を目指した。残る17人は1人1台のスノーモービルに乗って二手に分かれ、事故前には9合目南側にある直径約2.5キロのすり鉢状のくぼみで急斜面での操作を楽しんでいたという。

その後、天候がさらに悪化し、視界は5〜10メートルと見通しがきかなくなり、グループの中から「吹雪が強くなったので危険だ」という声が出た。

くぼみから抜け出そうと、数台が1台ずつ斜面を乗り越えようとしたが、急すぎて越えられなかった。このうち1台が急斜面の上部までたどり着いたところで雪崩が幅100メートル、長さ400メートルにわたって発生。計14台が巻き込まれ、4人の命を奪った。上部にたどり着いたスノーモービルの男性も雪崩に巻き込まれたが、自力で脱出した。

同署は「悪天候でもスノーボードをかついで頂上まで登れる山」という認識の甘さがあったとみている。
(毎日新聞)