<スノーボード:W杯パラレル大回転>◇最終戦◇16日◇カナダ・ストーンハム
女子の竹内智香(ロイズ小嶋アカデミー)は上位16人が出場できる決勝トーナメントに進出したが、1回戦で敗退して16位だった。家根谷依里(北海道東海大)は20位、男子の野藤優貴(小嶋アカデミー)は34位だった。

男子はハインツ・イニガー(スイス)、女子はフレンジ・コーリ(スイス)が優勝した。種目別優勝は男子がシモン・ショッホ(スイス)、女子はドレシア・クリングス(オーストリア)。
(日刊スポーツ)