冬型の気圧配置が強まった12日午前、北日本を中心に大雪に見舞われる恐れがあるとして、気象庁が注意を呼びかけている。12日午前6時から24時間の予想降雪量は、北海道の日本海側で70センチ▽東北地方の日本海側で50センチ▽北陸と東海地方で各40センチ。風も日本海側で強く、13日にかけ、北海道で最大風速20メートル、東北地方の日本海側で波の高さが最大8メートルになるとみられる。

雪の影響で、11日夜から東北道が一関インターチェンジ(IC)―鹿角八幡平IC間、磐越道が磐梯熱海IC―磐梯河東IC間が上下線とも通行止め。東海道新幹線は12日の始発から、名古屋―新大阪駅間などで減速運転した。

また、JR東日本によると、東北方面の強風のため、大阪発札幌行きの「トワイライトエクスプレス」や大阪発青森行き「日本海1号」など計8本が運転を取りやめた。
(毎日新聞)